手すり取り付けで安全性高める【手の置き場があるセーフゾーン】

スイッチの問題

住宅にはスイッチがあるが、それが高い場所にあると届かないため生活が不便なものになる。そこで業者に依頼をしてスイッチ交換をしてもらうことで低い位置に設置することができる。

Read more...

取り付けを行なう

バルコニーを取り付けるときには様々な面に注意して行なわなければなりません。木材や鉄製のものは衛生面で悪い影響を及ぼすため、ステンレスのバルコニーなら水回りでも安心して使用することができます。

Read more...

ガラスの修理

ガラスが割れたときにはガラス交換を修理業者に依頼する必要がありますが、業者によって交換するまでに数日かかってしまうことがあります。一般的なガラスであれば一万円の費用で作業を依頼することができます。

Read more...

お風呂の汚れ

お風呂はカビや汚れなどが付着しやすい場所ですが、事前にコーティングをすることによって見た目を綺麗なものにすることができます。費用はインターネットのホームページなどから相場を調べることができます。

Read more...

必要な手すり

水漏れ修理NAVI

水漏れといった困った状況を解決してくれるサービスはここにあります。実績豊富であり、多くの信頼が寄せられていますよ。

手すりは主に階段やお風呂につけられています。 若い間であれば道幅が狭くなるし、手が当たって邪魔な気がしますが、高齢者によっては手すりは大切なものの一つです。 高齢者が寝たきりになる原因として転倒があります。骨粗鬆症でもともと骨密度が低い状態で転倒すると根元から骨折し、寝たきりになることが多いです。 もちろん、骨折なのでそのうち治りますが、リハビリに日数がかなりかかり手助けがないと1人では行えないため、放置されることが多いです。 予防の観点から手すりの取り付けは有効です。とっさに掴まり助かったということも多いため、今後ますます重要性が高くなると思われます。 取り付けは簡単で半日もあれば工事を行ってくれ、耐久性もあり費用も安いです。

手すりの取り付けは購入店で無料あるいは手間賃だけで行ってくれます。 工事といっても何か所かをネジでしっかり固定するだけであるため簡単です。 取り付け後のメンテナンスとして1年に1度はネジが緩んでいないかチェックし、緩んでいると市販のドライバーでしっかし締めなおすだけでぐらつきがなくなり、安全性が高くなります。もう一つは金属あるいは木材であるため一部がはがれとげのようになっていることがあるため、鑢等で綺麗にすると怪我のリスクも減少します。 何年も経ちねじ穴もかなり大きくなってきた場合は大工さんに依頼し穴を埋めてもらいもう一度しっかりしたもので締めてもらうと安心できます。 女性であれば更年期以降、男性であれば徐々に転倒のリスクが高くなっていくため家の中では手すりが大切です。